当院について

当院の特長 Features of our hospital

在宅生活を支えるために設立された病院

地域に密着した責任ある病院として、平成27年4月1日より、医療法人立の病院として新たに出発することとなりました。
急性期病院での治療終了後、ご自宅や施設で生活する高齢者のみなさんの「在宅生活を支える」という目的のために設立されました。

  1. PAC(Post Acute Care)急性期治療を終えた患者さんの受け入れ
  2. SAC(Sub Acute Care)在宅患者さんの緊急受け入れ

この2つを中心に在宅支援へ積極的に取り組み、地域の在宅生活を支えます。

2種類の病棟で患者さんを受け入れます

積極的なリハビリテーションと他職種による退院調整により在宅復帰を目指す「回復期リハビリテーション病棟」、急性期治療を終えたが濃厚な治療の継続が必要な患者さんの受け入れを行う「一般病棟」。改装により、広くて明るい回復期リハビリテーション病棟が完成いたしました。早期在宅復帰を目標に質の高いリハビリテーションを提供し、退院後も関連施設や地域病院等と連携を取りながらサポートいたします。

「再び適した状態へ戻す」リハビリ

リハビリテーションは、「再び適した状態へ戻すこと」であり、単なる機能回復を目指すのではなく、心身共に障がいをお持ちの全ての方々にとって、その方らしい生活へと回復していただくための手段です。患者さんの身体・精神状況だけでなく、ご家庭の状況や方向性を総合的かつ適切に判断し、その方にあったリハビリテーションを提供できるように日々努力しています。

チーム医療を実践し最良の医療と介護を提供

患者さんに関わる医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護職員・MSW・事務らのすべてのスタッフでチーム医療を展開しています。専門多職種からEBMに基づいた意見を積極的に出し合うことにより、最良の医療や介護を提供いたします。

患者さんとのかかわりは地域医療連携室(入院の窓口)にお問い合わせをいただいた時点から始まります。入院中は各スタッフ間で症例検討会を繰り返し開催して、患者さんの症状の変化に沿って治療方針を決めていきます。