部門紹介

リハビリテーション部 Rehabilitation Department

明るく快適な療養空間のもと、365日、患者さんの生活・人生の支援と一日も早い在宅復帰を目指し、多職種協働による強力なチームアプローチを実践しています。状態に応じて積極的なリハビリを実施し、それ以外の時間もトイレ動作や食事動作などの生活リハビリテーションをして頂くことで、ADLやQOLの向上を目指します。患者さんが本人らしく元気になれることを一番大切にしています。

リハビリテーション部の取り組み

1
すべての分野の
リハビリを
実施しています

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が疾患別リハビリにおいてすべての分野のリハビリを実施しています。

いろいろリハ
2
呼吸
リハビリテーション

残された肺の機能や全身の筋力を使用し、呼吸困難を改善するためのリハビリテーションを提供します。

呼吸リハビリテーション
3
多職種協働と退院支援
への取り組み

リハビリテーション効果を最大限に引き出すために、看護・介護の専門職と強力なチームを形成し、全力で在宅復帰へ向け支援いたします。退院にあたってはソーシャルワーカーやケアマネジャーと協力し、社会資源の活用や介護福祉サービスについて情報提供とご提案をいたします。

チーム医療

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは「機能回復訓練」と言われていますが、当院では「自分らしく生きること」を目標とし、そのために行われる全ての活動がリハビリテーションと考えています。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が各々の専門性を発揮しつつ、お互いの専門性を理解し総合的なリハビリテーションの実施を心がけております。 

理学療法

理学療法では運動療法・物理療法などを用いて発症早期から積極的に離床を促し、起き上がりや歩行などの基本動作の獲得を目指します。訓練室のみではなく病棟でもADL(日常動作)訓練を行い、再び質の高い生活が送れるよう援助いたします。入院患者さんの早期退院を目指すのは勿論、自主トレーニングの提案など予防医学の観点からの取り組みも積極的に実施しています。

作業療法

身体または精神・高次脳機能に障がいのある方に対して、食事やトイレなどの日常生活動作能力の改善を目指し、こころとからだのリハビリテーションを行います。生活行為に着目し退院に向けての準備として病棟での日常生活動作に加え掃除・洗濯・調理などを練習、日常の動作や労働、趣味やレクリエーション等、人が人として生きていくのに必要なあらゆる活動の支援をします。

言語療法

言語聴覚療法では言葉がしゃべりにくい、思ったことが上手く言えない、ご飯を食べるとむせる・喉に詰まるなどの症状を抱える方に対してリハビリを行っています。また、家族との交流を円滑にし、いつまでもおいしい食事が取れるようにサポートしています。

主な対象疾患

  • 上下肢の複合損傷、脊椎損傷による麻痺
  • 体幹・上下肢 の外傷、体幹・上下肢の骨折、切断・離断(義肢)、運動器の悪性腫瘍など
  • 関節の変性疾患、関節の炎症性疾患
  • 肺炎などの急性発症した呼吸器疾患
  • 慢性閉鎖性肺疾患(COPD)、気管支喘息その他の慢性の呼吸器疾患
  • 脳出血疾患またはその手術後
  • 慢性の神経筋疾患

物理療法

  • 電動式間歇牽引器、渦流浴装置、ホットパック
  • 極超短波治療器、低周波治療器