部門紹介

検査部 Test Department

臨床検査技師の役割

病気で医師の診察を受ける際や、健康診断などで、血液や尿を調べたり、心電図や肺活量の検査を行います。患者さんから採取されたものを分析したり、体に電極をつけるなどして生体情報を調べることを臨床検査といいます。臨床検査は病気の診断と治療のためにかかせません。
このような臨床検査を正確かつ迅速に実施し、患者さんの診断や治療に寄与するのが臨床検査技師の役割です。私たち臨床検査技師は患者さんが安心して検査を受けられるよう、優しく丁寧、をモットーに、質の高い医療を提供できるよう技術の向上に努めています。

検査部で行っている検査

  • 血球検査、血液生化学検査、動脈血ガス分析、腫瘍マーカー、肝炎ウイルス
  • 感染症の迅速検査(インフルエンザウイルス(鼻・咽頭)、皮膚真菌(水虫)の検査、マイコプラズマ肺炎、肺炎球菌、アデノウイルス、溶連菌)
    当日に結果がわかります
  • 糖尿病の迅速検査(血糖・HbA1c)
    30分程度で完了
  • 緊急採血・尿検査
    1時間以内で完了
  • 検尿検査、検便検査
  • 各種生理機能検査(心電図、肺機能検査、聴力検査、超音波検査(心臓・頚動脈・腹部・乳腺)、骨密度検査、血圧脈派、睡眠時無呼吸症候群の検査)